ランキング1位当サイト利用者NO1 引越し一括見積もりサイト
「もうちょっと安くして!」だけでは、引越し業者さんとの駆け引きには勝てません! 引越し費用を安くしたいのなら、今や「引越し一括見積もりサイト」の利用は常識!当サイト人気NO1の「引越し価格ガイド」は、テレビCMでもお馴染みの「引越し侍」さんが運営!無料で、大手引っ越し業者さんから、地域密着型の引っ越し業者さんまで、一括見積もりができちゃうので、価格交渉がラクラク!安くなる事間違い無しです。
しかも、引越し代10万円のキャッシュバックキャンペーン実施中!

ベッド・マットレスの引越しの時の注意点

ダブルサイズのベッドとマットレスがあるんだけど、引っ越しの時って大丈夫かな?
購入したばかりのダブルサイズのベッドとマットレス。寝心地も気に入っているし、新居の寝室にもサイズはピッタリだから持っていきたいけど、大きさがあるからちょっと心配。何か事前に調べておく事とかってありますか?

ベッドとマットレスの搬入経路の確認が必須

イラスト
シングルベッドや、セミダブルのベッドに関しては、搬入に際して特に問題になる事はありませんが、ダブルサイズや、クイーンサイズのベッドとなると搬入のリスクが高くなるため、搬入経路の確認は必要になってきます。

また、ベッドフレームに関しては、もともと搬入を考慮して分解可能な設計となっている事が多いので、問題になる事は少ないですが、注意すべきはマットレス。マットレスだけは、分解ができないですし、ダブルサイズでも通常、横幅 1400〜1500mm程度、高さは1900〜2000mmあったりします。

新居が一戸建てであったとしても、寝室は2階であるケースが多く、ベッドのサイズによっては階段からの搬入ができないとか、新居がマンションであると、エレベーターに入らなかったり、玄関を開けてから寝室までの通路にクランク(曲がり)があったりすると、搬入できないと言った事が発生するケースもあります。

しっかりと、新居の搬入経路と、搬入目安になる各所のサイズを確認しておきましょうね!

ベッド・マットレスの引っ越しで注意しておきたい事

ダブル・クイーンサイズは要注意!サイズの確認は必須です!

一般的に、ベッドフレームに関しては分解可能なケースが多く、引越しの搬入で問題が発生しやすいのが意外にもマットレス。一戸建てであったとしても、2階に寝室があった場合、階段を使っての搬入になりますし、マンションであればエレベーターに載せられるか?玄関を開けてから、寝室まで運びこめるか?が重要なポイントになってきます。

当然、メーカーによってもマットレスのサイズは変わりますが、
ダブルサイズのマットレスは、横幅 1400〜1500mm程度、高さは1900〜2000mm
クイーンサイズのマットレスは、横幅 1500mm以上、高さは1900〜2000mmとなっています。

クイーンサイズのマットレスは、搬入を考慮して、2枚のマットレスに分割されるセパレート型のものもありますが、セパレート型ではない一枚もののマットレスである場合、搬入のリスクはかなり高まります。引越し業者さんに寝室を見られるのは抵抗があると言う方もいらっしゃるかもしれませんが、訪問見積もり時に、必ず、ベッドやマットレスも確認してもらう事が必要ですね。

ベッドフレームの分解は可能?組み立て説明書はある?

ベッドフレームは通常分解できるデザインのモノが多く、もともとアイテムとして搬入の問題を考慮して作られている事の方が多いです。お持ちのベッドフレームが分解できるか、どうかは必ず確認しておきましょう。
また、仮に分解ができたとしても、それで万事OKと言う訳にはいきません。分解が可能であったとしたら、分解するのは自分なのか、それとも引越し業者さんなのか?また、新居に配送してもらった後に組み立てまでお願いするのか?それによっても料金は大きく変わってきますから、必ず引越し業者さんに確認をしておく必要があります。

また、引越し業者さんにベッドの分解と、組み立てを依頼する場合、組み立て説明書を用意しておくのがベスト。引越し業者さんは、引越しのプロではありますが、家具の組み立てのプロではありませんから、できる事ならベッドを購入した家具屋さんから組み立て説明書を貰ってくるとか、引越し時の注意事項を確認しておいた方が無難ですね ^^
また、メーカーにもよりますが、ベッドフレームに使用されるネジや部材は特殊なものが使われているケースもあります。分解・配送・再組み立てをしている過程で、部材が壊れてしまったり、ネジが不足してしまったりと言ったトラブルも起こりえますので、家具屋さんから予備のネジや、部材が調達可能かも確認しておくのが良いですね!

イラスト
まとめ
ベッドは分解可能なモノが多いですから、特に搬入上で問題になる事は少ないですが、問題はマットレス。いざ引越しをしてみたら、マットレスが搬入できなくて、追加費用が発生してしまうケースもありますので、必ず引越し業者さんに確認しておきましょう。

追加料金が発生したり、搬入できず後日吊り上げ作業を行って搬入するとなると、せっかく新居に引越したのに「寝場所が無い!」なんてことにもなってしまいますので(笑) とにかく、訪問見積もりの際は、大型のアイテムであれば必ず引越し業者さんに見てもらうようにしましょうね!

当サイトおすすめ引越一括見積もりサイト

ランキング1位引越し達人セレクト
2019年、最も注目を集める引越し一括見積サイト「引越し達人セレクト」。実は15周年を迎える一括見積サイトの老舗だけど、知名度はイマイチ…そんな、引越し達人が注目される理由が、業界初!引越し代最安値保障制度。なんと、他の一括見積サイトの見積り価格よりも高かったら、差額を返金してくれるという超強気なキャンペーンを実施中!これなら、交渉下手なママさんでも安心ね!引越し業者は、若干少なめの67社だけど、大手中堅はほぼ網羅しているから安心!
しかも、最大 13万円分の新生活応援特典プレゼント!+ 引越し最安値保障(返金保障あり)
ランキング1位引越し価格ガイド
引越し価格ガイドは、今もっとも注目を集める「引越し侍」が運営する引越し一括見積もりサイトです!ユニークなテレビCMでも話題になり、急成長を遂げた人気のサイトです。大手引っ越し業者さんから、地域密着型の引っ越し業者さんまで、200社以上の引っ越し業者さんと提携しています。最大10社まで無料で見積もりが可能で、引っ越し見積もりと同時に、アナタの引っ越し条件に合わせた料金相場も提示してくれるので、とっても参考になります!
しかも、10万円のキャッシュバックキャンペーン中!&引越しガイドブックもプレゼント
ランキング2位HOME’S 引越し
HOME'Sは、130社を超える引越業者と提携している引越し一括見積もりサイト。提携している引越し業者数は、引越し価格ガイドや、ズバットに比べると見劣りしますが、実は、激安引越し業者「赤帽」が唯一参加する引越し一括見積サイトだけに、値引き力は段違い。もちろん、大手引越し業者も幅広く網羅!ちなみに、HOME'Sは引越しに役立つ情報がいっぱい。
今なら、10万円のキャッシュバックキャンペーン中!& 引越し祝い特典ももらえちゃいます!
ランキング3位ズバット引越し比較
ズバット引越し比較は、数多くの引越し一括見積もりサイトの中でも、最も多くの引越し業者と提携している一括見積もりサイトです。提携数は、なんと220社、1900万件もの利用実績があり業界トップクラスの実力を持っています。
しかも、10万円のキャッシュバックキャンペーン中!& 引越し祝い特典ももらえちゃいます!

コメントを残す